直筆請願署名

直筆請願署名のお願い

引き続き【イレズミに特化した法制度の設立に関する請願書】10万筆署名を目標に活動してますを、ご協力の程、宜しくお願いします。

自筆請願署名のルール

  1. ・ネット署名より直筆署名優先でお願いします。
  2. ・ネット署名も参考資料として国会に提出しますので、直筆署名後に登録してください。
  3. ・インターネット署名にて登録された方でも、直筆署名を行う事ができます。
  4. ・住所や苗字には「〃」「同上」などを用いず、かならずすべて書くようにしてください。
  5. ・外国人の方でも署名できます。ただし、住所が日本国内のものである必要があります。言語は何語でもかまいません。
  6. ・用紙には5人分の署名記入欄がありますが、すべて埋まらなくても提出できます。
  7. ・署名用紙は下記よりダウンロードしコピーしてお使いください。
  8. ・黒または青のボールペンで、お書きください。
  9. ・外国人の方でもOKです。(但し、日本在住の方ならOKです。)
  10. ・外国人の方でも署名できます。ただし、住所が日本国内のものである必要があります。言語は何語でもかまいません。
  11. ・署名に年齢制限はありません。(但し、自分で署名できる方に限ります)
  12. ・FAXではお受付できません。必ず郵送してもらえるか、取扱団体まで直接持ち込んで下さい。
  13. ・署名用紙のダウンロードができない方、FAXでお送りしますので、 メールにてお問い合わせください。(FAXも難しい方はご相談してください。)
  14. ・紹介議員は民進党 初鹿明博議員で予定しております。
  15. 住所はできるだけ都道府県名から正確にお書きください。ご家族での記入の場合も「”」、「同上」などの表記は控えてください。
  16. ・署名件数を書いたメモを同封してお送りください。(集計作業を行う必要がある為)
  17. ・5月18日午前必着で下記の住所に送って下さい。

本国会で提出します

本国会会期中に提出する事で、より短期間で国会で本問題を審議してもらえます。 現状、メディアなどでも、大きく取り上げられて、国民世論の熱も上がっています。STJとしましては、国民世論の熱が高いうちに、 本問題について審議して貰いたいという狙いもあります。 それと同時に署名の数ですが、今回提出に関しましては10000人の署名を目標としています。 こちらは紹介議員である初鹿代議士が、他の国会議員の協力を得やすくする為の目安の数字、国会にてインパクトのある数字として、 算出しています。 期日までの時間も短く、無理なお願いと承知の上ですが、 最大限のご協力を宜しくお願いします。 また皆さんのお知り合いの方にSNSでのシェアなどして頂き、こちらの本文も併せて送って頂けますよう心よりお願い致します。

送付先

〒533-0013 大阪市東淀川区豊里5-5-9-301 「一般社団法人 SAVE TATTOOING」宛

請願署名呼びかけセット

請願署名の呼びかけセットになります。ご自由にお使い下さい。

協力・ご支援のお願い