NEWS

05/06/2017

【本日,第5回公判が終了しました。】

本日の証言は著書「いれずみの文化史」も出版したこともある、熊本医大名誉教授であり熊本機能病院の顧問である小野友道先生です。 「私の考える医師の本質として、医師にタトゥーは彫れない。刺青に関してはそれに特化した行続きを読む

03/06/2017

【どーせ無理!!ってことはなかった以外な反応】

6月13日に衆議院第二議員会館 多目的ホールにて、開催する【タトゥー法整備の為の院内集会】に向けてインバウンドやサブカルチャーなどに関心の高い、国会議員100名程をピックアップし、電話呼びかけ運動を、決行しました。タトゥ続きを読む

01/06/2017

京都大学 高山佳奈子教授 【医療行為にあたらず】

すでに多くの方にシェア拡散して頂いた。昨日の第四回公判。証人尋問に立ってくださった、刑法学の第一人者 京都大学 高山佳奈子教授の、ご意見は気迫がこもっていました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー医師法と続きを読む

30/05/2017

まさにタトゥーは芸術だと実感できました!

タトゥーカルチャーの未来を占うかの様な、晴天の空の下、タトゥー裁判第三回公判が滞りなく、終了いたしました。本日は、医事刑法の第一人者である立教大学 辰井聡子教授の証人尋問が執り行われました。 医業は「医師が行う続きを読む

23/05/2017

【第二回公判が終了しました】

本日10時から大阪地方裁判所で、大阪タトゥー裁判第二回公判が行われ、滞りなく終了いたしました。 本日はイレズミと日本人の著者「山本 芳美」教授の、証人尋問が行われました。 日本のイレズミが海外からも高く賞賛され、芸術とし続きを読む

協力・ご支援のお願い

SAVE TATTOOING IN JAPAN

〝SAVE TATTOOING〟は、日本のタトゥー文化がアートの1つとして発展していくことを願い、全国のタトゥーファンと共に力を合わせてタトゥーカルチャーを応援するプロジェクトです。

友だち追加